ガーデニングや庭いじり

ガーデニングや庭いじりが好きでよくやっています。主な用途は家庭菜園ですが、特に夏の野菜などを育てるのが好きです。
簡単な土でゴーヤなどは身をつけるとたくさん食べられますし、ヘチマなども肥料を気にせず育ってくれるので毎夏庭で育てています。
ガーデニングという程のものではありませんが、その家庭菜園の合間をぬってちょっと花を植えたりもしています。

家庭菜園は最初、プチトマトやしそ、ナスなど食べる物を主に作っていたのですが慣れてくると生活で使える物を作りたくなりヘチマやひょうたんを中心に栽培しています。
ヘチマは干してヘチマたわしなど作れますし、つい先日完成したひょうたんも調味料入れや水筒代わり(化粧水のような)にもなります。
ひょうたんは夏にとれたものの種を取り出すのに大変苦労しましたが、防水の塗料を買って塗り、その上から絵の具で色つけをしました。
蓋も通販で購入し、2ヶ月くらいかけてようやく洗剤入れが完成しました。

家庭菜園もガーデニングも庭いじりも慣れてくると色々な物を栽培出来る事がわかり楽しいです。
ちょっとしたものでも栽培が成功すると嬉しいものなので今後も様々な物の栽培を続けていこうと思っています。

「ガーデニング」で毎日の生活に張り合いを!

千葉の郊外に住んでいます。千葉の中古住宅を購入して早13年。
せっかく庭があるので、活用しないともったいないと思い、季節ごとにお花や野菜を育てています。
お花はとても癒し効果があって、見ていると心が和みます。
なんとか枯らさないようにと、お水を欠かさず、肥料をあげ、雑草はこまめに抜くようにしています。

この草むしりがかなり面倒です。
年をとるにつれ、草むしり後の肩と腰へのダメージが重大になってきます。
除草剤を使うわけにもいかず、困っていましたが、近所の方が防草シートの存在を教えてくれました。
調べてみると、設置さえしてしまえば雑草が生えてこないようで、
さっそく、防草シートをネットで注文しました。

お花は庭に植えたり、玄関前にプランターを置いて育てています。
冬はビオラやパンジーを育てています。寒さに強く、とても育てやすい花です。
また、庭にツバキの木があるので、毎年冬に真っ赤な花を咲かせてきれいです。

春はチューリップ・ガーベラを育てています。
春にはホームセンターでさまざまなお花が売られているので、どれを購入するか毎年悩みます。
初夏にはアジサイが咲きます。3年ほど前に購入しました。水色の色が気に入って購入をきめたのですが、お水さえあげれば、毎年花を咲かせてくれる丈夫な花です。
夏にはひまわり・アサガオ・ラベンダーを育てています。

また、夏には野菜も作っています。初夏にミニトマトの苗ときゅうりの苗を買ってきて、土に直接植えているのですが、あっという間に大きくなって、すぐ実をつけます。
栽培がとても楽ですよ。
秋にはコスモスを植えています。コスモス祭りが地元で毎年開催されるので、そこで苗が安価で手に入ります。
毎年季節ごとにお花を楽しめるので、私の生活の張り合いとなっています。

お花たちの秘めたるパワー

お庭は彩りがいいと癒されますよね。土をいじっていると無心になって時間を忘れて・・・まるで子供の頃のようです。
日本には四季があるので季節によってお庭も様々変化しますが、やはり春になると新しくお花たちを買いたくなりませんか?
お花屋さんに出かけてお花を眺めてるだけでも癒されるけど買ってきて寄植えにしたりお庭に直植えしたり・・・。お庭が息を吹き返したように色づいていくのは本当にうれしいものです。

お庭にはお花たち意外にも木々も似合いますね。小さいものを買ってきて植えてあげて、だんだんと成長していくさまはまるで子供を育てるようで楽しいものです。
お花には一年草と多年草がありますね。個人的には多年草の方が長くお世話できて嬉しいですが、目にとまる色鮮やかなお花には一年草もたくさんあります。

新入りのお花がくると、今まで植わっていたお花たちは移動したりして、お庭も模様替えです。
春に限らず、お花が欲しくなっては買いに行き、模様替えし、お庭はどんどんと変わっていきます。

ご近所の方がお散歩で通りながら「きれいですねぇ」「これはなんていう木ですか?」などと声をかけてくださるのも、この自然の力なのでしょうか。
全く存じ上げない方ともコミュニケーションが広がります。木々、花々のパワーはすごいものです。